染み抜き 家庭

MENU

家庭で簡単・キレイに落ちる!【染みの性質別】染み抜き方法

染みのついたシャツ

 

パスタを食べていてソースが服に跳ねてしまったり、子どもがジュースをこぼしてしまったリ…。日常生活の中でよくあるシーンですね。いくら気を付けていても洋服に染みを付けてしまうのは避けられません。

 

でもいつも着る服だけに、家庭で簡単に、そしてキレイに染み抜きをしたいものです。

 

このページでは、染みの性質別に家庭でできる染み抜き方法をまとめました。正しい方法で行えば意外と簡単に染みは落とせるものです。ぜひあなたもチャレンジしてみてくださいね。

 

 

染みの種類は3種類!

しょうゆ

 

@水溶性の染み

しょうゆ、ソース、お茶、コーヒー、ジュースなど。

 

水溶性の染みというのは水に溶ける染みのこと。比較的取れやすい染みで、いつも通りの洗濯で落ちるものもあります。

 

しかし時間が経ってしまったものや、しょうゆやコーヒーといった色素が濃い染みは台所洗剤を使って落とします。それでも落ちない場合は衣類用の液体酸素系漂白剤を使用します。

 

A油溶性の染み

ミートソース、焼き肉のたれ、ドレッシング、チョコレートなど。

 

油溶性の染みというのは油に溶ける染みのこと。水には溶けにくいため、ベンジンやクレンジングオイル、台所洗剤などを使って落とします。落ち切らない染みには衣類用の液体酸素系漂白剤が効果的です。

 

B不溶性の染み

墨汁、ゲルインクボールペン、泥汚れなど。

 

水にも油にも溶けない染みが不溶性の染み。それぞれに落とし方が違います。

 

染み抜き前の3つのチェックポイント!

洗濯表示

 

@洗濯表示の確認!

染み抜きをした後は、水ですすいだり普通に洗濯機で洗って仕上げます。このため、家庭で洗濯できるものかどうかの確認が必要です。家庭で洗えないものは基本的に染み抜きはクリーニング店にまかせましょう。

 

A色落ちテストをする!

色柄ものを染み抜きすると色抜けや色移りを起こすことがあります。目立たない部分に使用する染み抜き剤をつけ、白いタオルでとんとんとたたきます。

 

色が出なければOK。うっすらと色が出たら単品で洗うようにします。はっきりと色が出るものはクリーニング店にまかせましょう。

 

B漂白テストをする!

漂白剤を使用することで色落ちすることもあるので、色落ちテストと同様に目立たない部分に漂白剤を塗り、さらにドライヤーで加熱して色が落ちないか確かめます。

 

漂白テストで色が落ちた場合は漂白処理はせずクリーニング店にまかせましょう。

 

染み抜きをするときの3つのポイント!

染みのついたシャツ

 

@できるだけ早く染み抜きを!

染み抜きは早ければ早いほどきれいに染みを取り除くことができます。逆に時間が経てば経つほど空気と反応(酸化)して黄ばみになり、落ちにくくなってしまいます。

 

染みに気付いたらすぐに染み抜きを行いましょう。

 

「あっ…!」と思った時の応急処置
食事中や外出先などでうっかり染みがついてしまった…。そんな時はすぐに応急処置をしましょう。水溶性の染みの場合は染みの表裏にティッシュや乾いたハンカチをあて、押さえて染みを移すように、油溶性の染みの場合はティッシュや乾いたハンカチで染みをつまみ取るようにします。

 

AこするのはNG!

上の応急処置の場合もそうですが、染み抜きの時は衣類をこするのはNGです。繊維に傷がついたり擦れが発生してしまうことがあります。

 

B色落ち・脱色に気を付ける!

染み抜き前の3つのチェックポイントでも色落ちテスト、漂白テストを行いましたが、染み抜きの作業中でも色落ちが見られたら染み抜きはストップ。クリーニング店に出しましょう。

 

染み抜きに必要な道具と洗剤

洗剤

 

染み抜きに必要な道具

綿棒・歯ブラシ

染み抜き材や漂白剤を染みの部分に塗るときに。

 

タオル・キッチンペーパー

色落ちテストの時、染みを移すときに使用します。

 

小皿

洗剤や漂白剤を入れるのに便利。

 

洗面器・桶

つけ込み洗いなどをするときに使用します。

 

ドライヤー

染み抜き部分を加熱するときに。加熱することで漂白力が高くなります。

 

ゴム手袋

漂白剤を使う時に使用します。

 

染み抜きに必要な洗剤

台所用中性洗剤

食器などの油汚れを落とす力は水溶性・油溶性の染み、クレンジングオイルで取り切れなかった染みにも有効。

 

クレンジングオイル

化粧を落とすためのクレンジングオイルは主成分が油なので、油溶性の染みを取るのに使用します。すすぎにくく輪染みになりやすいので、使用後は台所用中性洗剤で落とすようにします。

 

ベンジン

石油系の溶剤で油溶性の染みを落とすときに使います。使用時は換気と火気に注意すること。

 

固形石けん

泥汚れや墨汁など不溶性の染みなどに有効。

 

液体酸素系漂白剤

主成分の過酸化水素が色素を破壊・漂白します。液体なので水に溶けやすく、基本的に色柄ものにも使用可能です。

 

染みの種類別 染み抜き術

染み抜きをしたシャツ

 

水溶性の染みの落とし方

水溶性の染みは比較的落としやすいタイプの染みです。しょうゆ、ソース、ケチャップ、コーヒーなどの染みが水溶性の染みに該当します。

 

  1. 染みの部分の下にタオルを敷き、台所用中性洗剤を原液のまま直接染みにつけます。
  2.  

  3. 洗剤が染みの中に浸み込むようにもみほぐします。デリケートな素材のものは歯ブラシや綿棒を使い、下に敷いたタオルに染みを移すようにトントンと染みをたたきます。
  4.  

  5. 染みの部分を水ですすぎます。染みが落ちたら衣類に合った方法で洗濯して仕上げます。染みが取れない場合は1からを繰り返します。
  6.  

    ※1〜3を繰り返しても染みが落ちない場合は、漂白テストで色落ちしないことを確かめた上で、液体酸素系漂白剤で漂白処理をします。

     

  7. タオルなどを染みの下に敷き、綿棒などを使って漂白剤を塗ります。
  8.  

  9. 漂白剤を塗った染みの部分をドライヤーで加熱します。ドライヤーは衣類から10〜15センチほど離し、5〜10秒くらい熱風を当てます。
  10.  

  11. 染みが薄くなるようなら4〜5を数回繰り返します。
  12.  

  13. 染みが取れたら衣類に合った方法で洗濯して仕上げます。

 

油溶性の染みの落とし方

水に溶けない油溶性の染みは落としにくいタイプの染み。焼肉のたれやチョコレートなどの染みが油溶性の染みに該当します。

 

  1. 染みの部分の下にタオルを敷き、歯ブラシや綿棒にクレンジングオイルまたはベンジンをつけて、下に敷いたタオルに染みを移すようにトントンと染みをたたきます。
  2.  

  3. クレンジングオイルでたたいた部分に台所用中性洗剤をつけ、同様に染みをたたきます。
  4.  

  5. クレンジングオイルのオイル分が残らないよう、染みの部分をしっかりとすすぎます。染みが落ちたら衣類に合った方法で洗濯して仕上げます。染みが取れない場合は1からを繰り返します。
  6.  

    ※1〜3を繰り返しても染みが落ちない場合は、漂白テストで色落ちしないことを確かめた上で、液体酸素系漂白剤で漂白処理をします。
    (手順は上記の水溶性の染みの落とし方の4〜7と同じ)

 

水溶性+油溶性の染みの落とし方

カレーやミートソースなどは水溶性と油溶性が混じった取れにくい染みです。色素も濃いため漂白剤でつけ込みしましょう。

 

  1. 水溶性の染みの落とし方の1〜3を行います。
  2.  

  3. タオルなどを下に敷いて染みの部分に漂白剤をぬります。

    (必ず漂白テストをした上で)

  4.  

  5. 洗面器やタライなどに40〜50℃のお湯を入れ、液体酸素系漂白剤を規定量入れます。
  6.  

  7. 衣類をつけ込みしばらくそのままにしておきます。
  8.  

  9. よくすすいだ後、衣類に合った方法で洗濯します。

 

不溶性の染みの落とし方

墨汁やゲルインクなどは基本的にクリーニング店にまかせましょう。泥やえんぴつなどの染みは次の方法で落とします。

 

  1. 染みの部分を水で少しぬらし、固形石鹸を直接ぬります。
  2.  

  3. 染みの部分をよくもみほぐします。デリケートな衣類の場合は歯ブラシや綿棒を使います。
  4.  

  5. 染みが落ちない場合は1〜2を繰り返します。その後、水でよくすすぎ衣類に合った方法で洗濯します。

 

追伸
家庭でできる染み抜きの基本的な方法をご紹介しました。「これなら私にもできそう!」あなたもそんなふうに思われたのではないでしょうか?ここでご紹介した処置をしておけば、もし完璧に染みが落ちなくてもクリーニングできれいになる確率も高くなるでしょう。ダメでもともと!気軽にトライしてみてくださいね。

 

格安宅配クリーニング

優良宅配クリーニング特集